楽器フェア2011 No1

2年に一度の開催「楽器フェア2011」

今年も運良く行くことが出来ました。いつ行ったかは秘密ということで、とにかく2年に一度の事なので
楽しみにしていました。

ちょっと楽器フェア遍歴として

初めて行った楽器フェアが確か90年前半。
近所とツレと一緒に2日もしくは3日間通いました。

場所は、池袋サンシャインでしたね。

当時、ミュージシャンが海外から沢山来日してくれて、当然お目当てのアーティストのサイン会に
並ぶわけです。
しかも早朝から順番待ちで。

そんなことを4回(8年)ぐらいしていましたね。
サインは、
ポール・ギルバート、ビリー・シーン、
高崎晃、ジム・マーシャル、ロジャー・メイヤー
その他大勢から頂きました。
極めつけは、とある年のフェアでツーショットで撮った写真を次のフェアに持って行って
そこにサインしてもらうというマニアックなこともしていました。

それから所帯持ちになり、行く機会がなくなっていました。

が、前回からまた復活。

今回もかなり期待と・・・思っていたんですが、

やはり会場が広いせいか、非常にコンパクトになったイメージでした。
その昔、地元の楽器店で務めていた某メーカ系の人にも会い、今の事情を
ちょっとだけ聞かせてもらいました。

とりあえず目的のESPブースでLOUDNESS高崎モデルを「どんだけ撮るんだ!」ってくらい撮りました。

これです。


それから、Fenderとかモリダイラとか色々と見て回って、TCのブースで次に狙っていたTonePrintのFlangerを試奏しました。
でも・・・・そこにはまた悪魔が潜んでいて・・

こんなのがあったじゃないですかRottweiler

ヘッドフォンでしたが、試奏したらイイじゃないですか。

一発で購入希望品になりました。

続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました