ギターサウンドって Vol4

さぁまだまだ続きます。
第4弾
 
それでは、どうぞ。
 
ラックシステムからボードシステムへ考えを変えた(変わった)年が2003年でした。
そして、私のギター人生ですばらしい出会いがありました。
 
その人と出会ってからは私のギターに対する様々な環境が変わりました。
 
まず、ラックシステムのほとんどは、その方に下取ってもらいました。
EVENTIDE,TC.Electorinics,CAE…
残ったのはコンパクト系とINTELLIVERB、EGNATERのie4だけでした。
そして、私の手元にはRS616ともう生産していない、CAJのボード電源ユニットが手元に来ました。
 
そこからは本当に色々な勉強をしました。
 
まずWEB系では・・・あるお店のLOGを収集し、編集・印刷し自分で何度も何度も読み返しました。
今でも貴重なlogです。今ではblogといいますが、その当時はまだそんなに浸透していなかった気がします。
実は、最近もまた読んでいるんですが、考えさせられることや気づかされること多いです。
 
また、当時、ある方と色々と話をすること(一緒に飲んだりしました。何度も)で、自分に無かった知識をもらいました。
また、その方はものすごい収集家兼演奏者で、いわゆるハイエンドというものはほとんど持っていました。
当然、そんな楽器屋は全国探しても当時はなく、良く遊びに行っては色々なギターでハイエンドな機材を試させてもらいました。
 
そんな環境で年々かを過ごし色々なセットアップを繰り返しました。
その一部です。(全てボードなんですが・・・)
 

2003年


 

2003年

 
そんな友人からの忘れられない一言があります。
 
「××君(私の名前)は僕が持っているあらゆるものを試奏して。そして自分が本当に気に入ったものを買いなよ」って

 
そんな事を言ってくれる方いますか?
普通はいるはずが無いです。
 
僕は本当にそういう環境にめぐり合えて幸運でした。
 
そんな友人との環境で自分が選び購入したものは
Klon ケンタウルス
fsp FlatAmpBooster
fsp OD69
CAJ GVCA-2
 
買えなかったのは(資金的に)
 
CAA OD-100
EVENTIDE Eclipse
 
この2点は今でもほしいと思っている一品です。
 
ほかにも細かいものはありましたが・・・・
今時点では、もう売ってしまったり・・・で。
 
そんな時を過ごしました。
 
さらに続く
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました